Dinamica blog

you cannot not communicated

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クヴィエタ・パツォウスカーとチェコの絵本展

クヴィエタ・パツォウスカーとチェコの絵本展
国際的に活躍するチェコの女性アーティスト(1928年~)。「色彩の魔術師」と称される鮮やかな色彩感覚と、自由な造形で見るものを魅了する。クリスマスの色でもある赤と緑を効果的に用いながら、ページを切り抜いたり、異なる紙を貼ったりつなげたりと、絵本の概念を超えた作品づくりを続けている。
本展では、85歳となった今もなお創作を続け絵本のために制作した『すずの兵隊』(1985年)から『日々の色』(2010年)まで、9冊の絵本の原画や紙の彫刻を中心に紹介する。「絵本は子どもにとっての最初の美術館」と語り、工夫をこらしながら絵本の可能性を広げている。言葉を超えて、音楽のように心に届く作品の数々を楽しんでほしい。
また、近年チェコの絵本はアニメーションとともに日本でも幅広い人気を集めており、翻訳絵本などを通して親しまれているチェコの作家は少なくない。本展では、パツォウスカーを育んだチェコ絵本の世界を、チャペック兄弟やヨゼフ・ラダ、イジー・トゥルンカらの創作とともに辿る。さらに、「チェコ絵本と日本」という視点から、日本人作家ながらプラハを拠点に制作を続けている出久根育の作品をご紹介するほか、国内で出版されたチェコの絵本を一堂に展示し、「チェコ絵本」の人気の秘密に迫る。

平成25年12月6日(金) ~ 平成25年12月27日(金)
7階=美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。