Dinamica blog

you cannot not communicated

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベン・シャーン展 線の魔術師 / The Magic of Lines

ベンシャーン
1930年代から60年代にかけてアメリ力で活躍した画家、ベン・シャーン。帝政ロシア領(現リトアニア)のユダヤ人家庭に生まれ、家族とともにニューヨークへ移住、石版画工房で働きながら美術を学んだ。独特の震えるような線で人聞の悲哀を物語るシャーンの芸術は、若き頃のアンディ・ウォーホルや、戦後の日本の画家、グラフィック・デザイナーにも大きな影響を与えている。そして作品に通底する、対象に寄り添うような鋭くもやさしい眼差しは、旧約聖書の神秘性が息づく東欧文化、ユダヤ人に対する迫害、移民の労働者であふれるニューヨーク下町での生活体験から生まれたものである。
シャーンは、世界恐慌から冷戦時代へといたるアメリ力社会の実相を一市民の目で捉え、常に人聞の尊厳を問いつづけた。とりわけ1954年の水爆実験による被災船・第五福竜丸を扱った「ラッキードラゴン」シリーズは、3.11以降の私たちに科学文明について再考を促している。
本展では「丸沼芸術の森」コレクションから、絵画・ドローイング・ポスターなど初公開の作品を含め約300点に上る。

平成25年11月02日(土)~平成25年12月23日(月)
伊丹市立美術館

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。