Dinamica blog

you cannot not communicated

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュシャが見たパリ

ミュシャが見たパリ
ひとつの世紀の終期のことを世紀末といいますがフランス語では、19世紀の終わりを指す特別な意味合いを持っています。18世紀末の産業革命と市民革命はすっかり歴史の一部となり、近代化の波が押し寄せたパリには印刷技術の発展も重なって、商品の魅力を伝える夢と希望が凝縮された幾つののポスターが都市を彩りました。
20世紀に入り、大きな戦争を経験したヨーロッパでは、秩序や安定、合理性を求めるようになりパリではすぐれたポスターデザインが生み出されましたが、もはや過剰な装飾はなく、抑制の効いた堅固なイメージが作り上げられました。
本展覧会では、ミュシャの作品を中心に、アール・ヌーヴォーからアール・デコ期のポスターとそれに関わる作品を出品します。ポスターの黄金期といわれる19世紀末から20世紀初頭の作品から垣間見える、当時の暮らしや文化、思想といった社会の様子は、現代の私たちを時空を超えた旅へといざなってくれるでしょう。

平成25年11月16日(土)~平成26年3月9日(日)
堺市立文化館 アルフォンス・ミュシャ館

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。